CATEGORY ヒューマンドラマ

ヒューマンドラマ

凪のお暇のあらすじとネタバレ!空気を読み過ぎた彼女の運命とは!

28歳OLの主人公大島凪。
「空気読んでこ」な考え方に振り回された末彼女が辿り着いたのは自主退社だった。
職を捨て、彼氏と別れ、家具も断捨離し、全てを一からスタートさせる事になった凪。
自由な身となった筈の彼女だったが、自分には何もないと一人になって気づいてしまった。
このまま自分は一生何もなく一人で生きていくのか……
凪はこの焦燥感を打開する事ができるのだろうか。

ヒューマンドラマ

最果てにサーカスのネタバレと感想!実在した作家たちの恋愛とヒューマンドラマ!

時は大正14年、合同同人誌山繭第三号の発行を記念して小林秀雄らは花見へ来た。
互いが自分達の作品を褒め合う中、小林は自分の実力の無さを噛みしめ浮かれられる状態ではなかった。
そこに現れたのは、帽子をかぶったやや長髪の未成年。
富永太郎が連れてきたその青年は、お互いで作品に満足し合う彼らを無礼を承知でバカにする。
彼らはそれに激昂するも、この劇薬「中原中也」との出会いは小林の人生を大きく変えるものとなった。

ヒューマンドラマ

片想いの牢獄でのネタバレと感想!試し読みならココがおすすめ!

これはオムニバス形式で語られる、女性達の物語。
最初の主人公は、兄からの虐待に苦しむ中学生の少女、比奈子。
受験の圧力に苦しむ兄から受ける性的虐待や暴力から唯一逃げる事ができたのは、愛犬ソラとの散歩の時だけだった。
いつものように散歩に出かけていると、目を離した隙にソラが脱走してしまう。
涙で汚れた顔で探していた時、不登校の同級生小日向がソラといるのを発見し―――……

ヒューマンドラマ

のぼさんとカノジョ?のネタバレと感想!カノジョの正体が気になる!

大学3年生の野保康久は火事で住んでいたアパートを失い、月8000円の事故物件へ越して来た。
事故物件とだあって最初はポルターガイストに見舞われ、レポートなどもまともに出来なかった。
しかしそれに耐えている内に、幽霊と和解した康久。
幽霊を「彼女」と名付け、ご飯などを作ってもらう内に、二人には奇妙な絆が生まれるのだった。

ヒューマンドラマ

天文学者の夫がアレすぎてしんどい。のあらすじと感想!変人で奇抜な旦那をもった漫画家のエッセイ漫画!

ー皆さんは天文学者と聞くとどんな人をイメージするでしょうか?-
漫画家の作者ばったんの夫まきやっこは、日本でも有数の天文学者。
天文学者の夫と聞くとなんとなくロマンチストを想像してしまうが、まきやっこはとんでもないド変人だった。
そんな夫と共に急遽ドイツへ転勤となったばったん。
彼らの奇妙なドイツでの夫婦生活はどう展開していくのだろうか。

ヒューマンドラマ

ラブデスターの感想とネタバレ!うすた京介の妻が描くヒューマンドラマ!

月代中学校の生徒会に所属する会長の若殿・副会長のジウ・書記のしのは幼馴染。
ジウとしのは異性から人気があり告白も日常茶飯事だったが、硬派な若殿は恋愛に全く興味がなかった。
そんな三人と月代中学校3年の生徒が、生死を賭けたある実験に巻き込まれる事になる。
ハートの装飾がされた機械が腕に装着され、月に隔離される生徒達。
そして謎の男に、カップルにならないと帰さないと宣言されてしまい―――?!

ヒューマンドラマ

ぼくらのトランキライザーのネタバレとレビュー!見れないひとはココで試し読みしてみてね!

不登校、鬱、自殺願望、いじめなど、この世界には苦しみが溢れている。
この物語はそんな苦しみを抱えた人間にスポットライトを当てている。
小学生で不登校になったはるかも苦しみを抱えている主人公の一人。
理由なく不登校になってしまった彼女は毎朝の母との喧嘩や両親の不仲、クラスで浮いている現状に悩んでいた。
なぜ自分は不登校になってしまったのだろうか。
その答えを握るのは、万引きする自分を注意してくれた青年だった。

ヒューマンドラマ

事故物件のススメ。のあらすじとネタバレ!世界初の事故物件不動産屋漫画!?

就活生の主人公古谷恭子は面接に落ちてばかり。
そんな中、やっと決まった就職先はホワイト不動産。
社員は、家というものを愛するヤクザ社長と、お気楽でチャラ男の若者二人だけ。
とても変わった仕事仲間をもった恭子が不動産屋として扱う物件は事故物件。
さまざまな理由で死んでいった前の住人。
それでも一件、一件、丁寧に売りさばく!!
こんな会社で、恭子はやっていけるのか……

ヒューマンドラマ

ファミリーレンタルのネタバレと感想!試し読みならココがおすすめ!

義父・義弟の態度に嫌気がさし、家を飛び出した義人。
職も金もなく、ネットカフェや公園に入り浸る毎日で、ついにホームレスまがいのおっさんになってしまった。
携帯の充電もなく、実家へ帰る金もない。
万策尽きて飢え死に仕掛けていたとき、若い男が「仕事がある」と声をかけてくれた。
あまりの待遇の良さに疑問を抱くも、義人は「ファミリーレンタル」の仕事を始めるのだった。