大阪駅構内図|大阪駅中央改札

関西で数多くの方が利用する大阪駅。関西広範囲へのアクセスが可能で混雑しているのをよく目にします。
駅構内は広く、あらかじめ行きたい場所などをチェックしておいた方が良いかもしれません。今回は大阪駅についてご紹介します。

JR大阪駅の構内図

JR大阪駅の構内図は、JR西日本の公式ホームページ「JRおでかけネット」に記載されてあります。

このホームページを利用して調べることが可能なのは構内図は、1階~3階の構内の状態を全て取り入れている立体図と、各フロア毎に構内の様子を取りまとめた平面図の2つがございます。

活用方法においては、とりあえず、立体図で、JR大阪駅の施設・乗換通路・階段などを俯瞰した後で、一層細かな乗換ルートを把握するために、平面図を使用するのが一番だと思います。立体図は、構内の各施設は当然の事、他社路線や1階の市バス乗り場まで提示しているため、全てのお客様に欠かせない情報が取り込まれています。

ですが、多くの乗換情報を加えすぎているので、初めて目にした人としては、理解しにくい路面図になってしまいます。そこで、お薦めしたいことは、立体図でお目当てのポイント(出口・乗換)を確かめた後は、平面図で具体的な移動経路を確認するという方法になります。

平面図は、各フロア毎にJR大阪駅の通路やホームをすぐに確認出来るため、電車で初めて大阪駅を訪れる方においては、かかせないマップに完成しています。

大阪への出張や観光目的の方のために、構内図の中に、大阪名物・大阪土産を買うことができるデパート情報なども記載されているのもありがたいですね。

大阪駅構内図 中央改札口について

大阪駅の中央改札口に関して、大阪駅には4つの大きな改札が存在します。
それらの中でも中央改札口は比較的に大きく利用者も多く集まりやすい改札口となっています。

大阪大丸へ立ち寄る方や、ルクア、グランフロントへ向かう方などが活用して、チルドの551の肉まんが購入できる販売所も存在し、観光客やお土産を買われる方がよく使用しています。

また、みどりの窓口がすぐ近くにあるために、それを目標にして待ち合わせを行う方も少なくないようです。
場所としては、御堂筋口から徒歩数分の位置にあり、改札を通るとエキマルシェが見られます。
JRおでかけネットで構内図を確認できるので、もし場所が分かりにくいと感じる場合は、一度アクセスされてみてはいかがでしょうか。

改札は広く、券売機も目立った場所に位置するので解りやすいかと思います。

オン
なんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました