首都高速道路の地図(出入口)や路線図について

首都高速道路は、首都高速道路株式会社が維持管理をしている、東京都区部とその周辺の高速道路です。道路の延長は、約340kmになります。
首都高速道路は、その役割から大きく分けると、
 ①環状線・・・皇居を中心に環状に周回する道路
 ②放射線・・・環状線から、放射線状に伸びている道路
の2種類に分けられます。
さらに、①環状線については、以下の2つの路線があります。
 a.高速都心環状線・・・1番内側の環状線で、皇居北側~銀座~芝公園あたりを周回。延長は約15km
 b.高速中央環状線・・・内側2番目の環状線で、葛西~王子~渋谷あたりを周回。1周はしていない。延長は約50km
また、②放射線については、以下の路線があります。
 c.東京線・・・おおよそ都区内の高速道路。それぞれ1~11号、川口線の呼称がある
 d.神奈川線・・・神奈川県内に伸びる高速道路。それぞれ1~7号、八重洲線、湾岸分岐線の呼称がある
 e.埼玉線・・・埼玉県内に伸びる高速道路。大宮線、新都心線の呼称がある。
 f.千葉線・・・千葉県内に伸びる高速道路。高速湾岸線と呼称される。

首都高速道路の路線図の確認方法

首都高速道路の路線には、それぞれ、
・ルートマーク・・・記号(C、B、K、S)と番号により構成される。例:C2、K3など
・呼称・・・〇〇線。例:中央環状線、狩場線など
が付けられており、道路わきの標識などに記載して、分かりやすくしようと工夫されています。
ちなみに、「C」は環状線、「B」は湾岸線、「K」は神奈川線、「S」は埼玉線になります。
しかし、それでも普通のドライバーは、なかなか位置関係が掴めません。
そのため、首都高速道路では、ホームページで以下のような路線図を公開しています。
 [参照ー1] https://www.shutoko.jp/use/network/navimap/
この図だと、距離感や主要施設との位置関係が分かるので、非常に便利だと思います。

首都高速道路の地図(出入口)の確認方法

首都高速道路の出入口のことを、通常は「ランプ」と呼んでおり、約150か所のランプがあります。
この「ランプ」(出入口)の名称および位置は、前出[参照ー1]の首都高速道路の路線図でも確認できます。
ただし出入口は、出口専用だったり、入口専用だったりします。これを確認するには、首都高速道路HPの以下の図が分かりやすいです。
 [参照ー2] https://www.shutoko.jp/ss/mikata/map/index.html
また、出入口は交通状況により閉鎖されることがあり、首都高速道路HPの以下のページで確認できます。
 [参照ー3] https://search.shutoko-eng.jp/rtmap.html
なお、昔は統一料金だった首都高速道路ですが、今では走行距離や車種により料金が変わります。
料金を検索するには、首都高速道路のHPで確認できます。
 [参照ー4] https://www.shutoko.jp/fee/fee-info/
なお首都高速道路は、深夜割引、休日割引がありません。

首都高速道路公団の渋滞情報を見るには

首都高速道路は、環状線などの整備により以前と比べると渋滞が少なくなりました。
おかげで今では日曜・祭日は比較的すいていますが、それでも平日は渋滞する確率が高いです。
最近は渋滞予測がいろいろなサイトで公開されており、便利になりました。正月、GW、お盆を含めた自然渋滞は、日本道路交通情報センターのHPなどで走行時間の予測がつきます。
 [参照ー5] http://www.jartic.or.jp/jartic_web/info/congestions.html
しかし、事故などによる渋滞は予測がつきません。このため、現時点での渋滞情報の確認も必要になります。
リアルタイムでの渋滞情報を得るには、
 ・前出の[参照ー3]
 ・googleマップ
 ・車に搭載したカーナビ
などで確認できます。
googleマップは、携帯・スマホで手軽に確認できるので便利です。
また、首都高速道路を含む各高速道路に設置された掲示板にも、渋滞情報が表示されています。事前に情報をキャッチして、ルートの選択に役立てましょう。

オン
なんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました