パスポート 申請に必要なもの | パスポート証明写真

海外旅行に出掛けよう!と思った際に必須アイテムになってくるのは、パスポートになります。だけど、初めてということもあり、何が必要でどうしたら良いのか分からない方も多いと思われます。

そこで、今回はパスポートの申請・更新について解説しますので、参考にしてくださいね。

国内でも国外でも申請することは可能ですが、ここでは国内の説明をしていきます。

必要書類について

最初に、パスポートを申請するにあたり、一般旅券発給申請書が必要になってきます。これは、窓口で入手を行なうことが求められ、ダウンロード申請も可能です。

申請書は「5年有効なパスポート申請用」と「10年有効なパスポート申請用」の2種類に分類されているので、どっちかを持参していくようにしてください。

戸籍謄本(または戸籍抄本)、住民票の写しも必要となります。これらは半年以内のものでないといけません。

また、パスポート用の写真が必要になってきます。

そのほか必要となってくるのが本人確認書類となってきます。運転免許証やマイナンバーカードをお持ちであればそれ一つの書類で構わないのですが、そのほかであれば、2点の確認書類が必須になってきますので、ご注意ください。例えば、健康保険証の場合は、写真が載っていませんので、さらに会社の身分証などが必要不可欠です。

以下に必要書類を再掲します。各1枚必要とされます。

■一般旅券発給申請書 (5年用、10年用)

■戸籍謄本(または戸籍抄本):半年以内のもの

■住民票の写し:半年以内のもの

■証明写真(3.5センチ✕4.5センチ)

■有効旅券(有効期間中のパスポート) :更新の場合

■本人確認書類(2点必要のケースあり):新規発給の場合

パスポート申請に求められる価格
パスポート申請が完了し頂く際に手数料を支払わなければなりませんが、

■5年間有効(12歳以上)●
11000円

■5年間有効(12歳未満)●
6000円

■10年間有効(20歳以上)●
16000円

仮に20歳未満の人が パスポート申請をする場合は5年間有効のパスポートしかお申し込み出来ないですので頭に入れおきましょう。

また パスポート申請の料金は現金での清算でなくて、収入印紙で清算します。

受領証に支払う金額の収入印紙を張って出しましょう。

証明写真について

パスポートを作る場合、パスポートに掲載する証明写真が必要です。これらの証明写真には「パスポート規格」が見受けられますのでご注意ください。
パスポートの写真に関してですが、6ヵ月以内に写されたものと規定されています。予めパスポート用の証明写真を撮りに行くようにしてください。

街で良くお目にかかる一般的な証明写真機はパスポート規格のサイズ機能がついていますので、パスポート用を選択するようにして下さい。

周辺に証明写真機があるかご存知ない方は、証明写真MAP(https://www.locationsmart.org/map.html?id=service/idphoto)で検索をかけると容易に探し出す事が可能です!

オン
なんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました