スシローメニュー|スシロー店舗

お寿司の値段は一昔前と違い、大変お手頃な価格になっていますよね。特に回転寿司は一皿100円程度で食べられるので、家族で行って楽しむ機会が増えました。そんな回転寿司と言えば、スシローですよね。このサイトでは、回転すしチェーン大手のスシローについてご紹介します。

スシローメニュー!

すぐにお寿司屋さんだと理解できるスシローはいいネーミングだと言えますね。
メニューもまぐろ・サーモン・エビ・はまち・こはだなど寿司の定番から、ねぎ・いくら・ツナ・コーン・納豆まである軍艦巻き、サイドメニューにおいては味噌汁・赤だしからうどん・ラーメンまで扱われていて、パフェやわらび餅・プリン・ケーキ・シャーベットも提供されていて子供たちも飽きがこないデザートと、バラエティー豊かです。

期間限定メニューが充実していることもスシローの大きな持ち味になるでしょう。
「天然インド鮪の3貫盛り」なんて他ではあまり見ないので是非とも堪能してみたいですよね。
期間限定として提供されていますが、私の把握している限り2018年秋よりメニューに表記されています(2019年3月現在)。
仕入れが切れれば出すことができなくなるということが考えられます。

季節次第で、そのときに入手可能なネタを取り扱ってくれてるというイメージです。
ネタの供給元も豊富なのではないかと判断できます。
特に冬のシーズンは期間限定メニューが数多くなる感じがします。

その上、一般メニューに出す前に期間限定で販売して反応を見る、といったパターンですね。
しゃりにハンバーグをのせたお寿司やぶっかけカレーうどんはこれに当てはまります。
そのような目で期間限定メニューをながめてみたりすることも、楽しいですよ。

期間限定メニューは店舗によって提供しているネタが違うケースがあります。
しかしスタンダードメニューに関してはすべての店舗で原則同様になります。

また、生ものになりますのでその日の水揚げ状況によって用意できないネタが生じてしまう時もあるようです。
これはスシローに関わらず、回転寿司以外にも、回転していないお寿司屋さんでもありうるわけです。

スシロー予約!

スシローの営業時間は各店舗に応じて異なります。
10時以降開店、23時前に閉店という営業時間のお店が数多く、最終入店は閉店30分前がベースとされています。
平日と比較して土日は営業時間前から行列ができる事も割と見られますので予約をとって、並ばずに入店する方もたくさんいます。
詳しい予約方法に関しては公式サイトから調べることが可能になります。

オン
なんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました