歌舞伎座 座席表 | 歌舞伎座の公演

 

歌舞伎とはなに?

歌舞伎とは日本の伝統芸能に含まれるものになります。その他にも能楽や文学といったものが当てはまります。

「歌舞伎」の発祥は「傾く(かぶく)」という言葉からきていて、内容は「並外れている・常軌を逸している」です。

歌舞伎ができた理由は、安土桃山〜江戸時代初期にわたって、はじめの流行の最先端を行く人達が周りの人と異なり変わった服装や髪型をしていたために「かぶき者」と称され、これを舞台上で真似たことが発祥だと言われています。実際に何より古い歴史については、出雲の阿国で実施されていた「かぶき踊り」で、歌舞伎は400年以上の歴史があるのです。

そのうち、いろいろな芸能や流行を取り込んでいき、今の演劇・舞踊・音楽も含めた総合芸術となったのです。

『演目』

歌舞伎の演目は色々あります。現在では上演を行っている作品数は約400本だと言われています。

一番種類がたくさんある作品としては「義太夫狂言」で人形浄瑠璃の作品を歌舞伎化したものです。

これ以外にも能や狂言から来ている舞踊作品の「松羽目物」があり「土蜘蛛」などの演目が有名です。また、落語や講談からきた作品、軍記物と言われている合戦を構想した時代物、江戸時代の世界を描いた世話物などがあります。

『舞台』

歌舞伎の舞台は廻り舞台、本舞台、セリ、大巨柱、黒御簾(くろみす)、床(2階部分)、定式幕、スッポン、花道、揚幕、奈落(地下部分)からなっているんです。

廻り舞台は、場面転換を負担なく実行できる舞台の回転機能で、2本の大巨柱の間に本舞台が存在します。

セリは舞台の床を一部くりぬいたところで、上下に作動させる事が可能で舞台転換を効果的にしているのです

黒御簾は、格子窓に黒い御簾がかけられた小さい部屋とされていて、歌や楽器の演奏などがなされてます。

定式幕は引き幕のことで、スッポンは花道の付け根の部位のことを表しています。

歌舞伎座の演目

歌舞伎座の演目は、ひと月に応じて違ってきます。演目につれて、各歌舞伎役者の出演も違ってきますので、気になる歌舞伎役者がいる時は、その歌舞伎役者が演じる演目であるかどうかの確認を行うことが必要です。

更に、演目が構成された当時の時期にしたがって、今の歌舞伎座の公演スケジュールも大まかに決定されるようになっています。歌舞伎座の演目は、季節感をシナリオや演出が活用されており、その時期に応じて上演されることになります。歌舞伎座の演目や登場する人気の役者(川海老蔵、中村勘九郎、中村獅童など)によってはすぐにチケットが品切れになってしまうので、早めに予約することが大切です。演目を通して、日本の四季を満喫できるのも、歌舞伎座の醍醐味の1つと言えます。

演目が構成された当時の人々の感性は、今の時代でも十分に共感し、心に響くことができます。時代が違っても、時代を生きる庶民の心・感情の原点は、変わらないもですね。

オン
なんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました