ほんとにあった! 霊媒先生のネタバレや感想! 無料で試し読みならココ!

ギャグ・コメディ

今回は「松本ひで吉」先生の『ほんとにあった! 霊媒先生』というマンガをご紹介したいと思います。

※記事中にはネタバレを含みますので、お先に立ち読みをお勧めします!
ココなら無料で見れますよ。

私はここで読みました♪ 「ほんとにあった! 霊媒先生」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を無料で立ち読み

PCの方はこちら↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を無料で立ち読み

あらすじ

新しい高校生活。

新しい担任の先生。

順風満帆な学校生活が始まるはずだったクラスに問題大有りの担任が赴任する。

担任の先生の名前は「木林呪理(きばやし じゅり)」

彼女はなんと趣味と特技は降霊という霊媒師だった。

それ以降というものの、そのクラスはオカルト現象が絶えることは無かった。

ネタバレと感想

この漫画は学園生活の出来事をおもしろおかしく描いた四コマ漫画です。

ただ、よくある学園物の四コマ漫画とちがうのは、担任の先生が「霊媒師」という点です。

主人公の名前は「木林呪理(きばやし じゅり)」

ことある毎に幽霊などを召喚して、仕事をサボることばかり考えているような、かなりやる気のない教師です。

たとえば狸を化けさせて授業をさせたり、幽体離脱してテストを監視したり、霊能力をばんばん使って少しでも手を抜こうと必死です。

ただ、たまに悪魔は悪霊まで召喚してしまったり、呪理の手に負えない神様まで登場したりと度々大パニックに陥ります。

そして、そのあおりを食らうのが毎回生徒たちという不憫さがシュールです。

また最初のうちはクラスの生徒達も幽霊が見えたり不可思議な現象が起こるたびに大慌てでしたが、後半になると段々とオカルト現象に慣れてきてしまってるのがかなり面白いです。

あと、作中の途中途中にスピンオフのような形でかなり不細工でデブの黒猫が主人公となったストーリーもあります

人間に愛されたいと必死にダイエットしたり、流行物に飛びつくのですが、結局は裏目にでて人間に嫌われるという結局はおやくそくのストーリーとなっており、これはこれで結構面白いです。

四コマ漫画が好きな方はかなり気に入る内容となっているとおもいますので、興味が沸いたら是非、立ち読みだけでもしてみてくださいね。

詳しい内容はあなたの目で確かめてみてください!

私はここで読みました♪ 「ほんとにあった! 霊媒先生」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を読む

PCの方はこちら↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を読む

こんな人におすすめ♪

この漫画は四コマ漫画で、かつギャグ漫画が好きな方におすすめの漫画です。

よくあるかわいい美少女たちがいっぱいでて、あまりオチのない四コマ漫画とはちがい、ちゃんとしっかりオチている正当四コマ漫画です。

キャラクターも個性豊かなキャラクターばかりで、ティッシュの空箱を靴代わりにする極貧少女から織田信長に憑依されっぱなしの女子まで多種多様なキャラクターが登場します。

大爆笑とまでは中々いきませんが、ずっと「フフフッ」となってしまう話ばかりです。

これは本当に四コマ漫画が好きだってひとには、かなりおすすめの漫画です。

興味がわいたら是非とも一度よんでみてくださいね。

かなりオススメの作品ですよ。

私はここで読みました♪ 「ほんとにあった! 霊媒先生」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を読む

PCの方はこちら↓↓
『ほんとにあった! 霊媒先生』を読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました