最果てにサーカスのネタバレと感想!実在した作家たちの恋愛とヒューマンドラマ!

ヒューマンドラマ

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]どうも、ぐっさんです。

今日は「月子」先生の「最果てにサーカス」というマンガを紹介するよ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪[/voice]


サイト内で「最果てにサーカス」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『最果てにサーカス』を読んでみる


最果てにサーカスのあらすじ

時は大正14年、合同同人誌山繭第三号の発行を記念して小林秀雄らは花見へ来た。

互いが自分達の作品を褒め合う中、小林は自分の実力の無さを噛みしめ浮かれられる状態ではなかった。

そこに現れたのは、帽子をかぶったやや長髪の未成年。

富永太郎が連れてきたその青年は、お互いで作品に満足し合う彼らを無礼を承知でバカにする。

彼らはそれに激昂するも、この劇薬「中原中也」との出会いは小林の人生を大きく変えるものとなった。

最果てにサーカスのネタバレと感想

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]今回は「最果てにサーカス」って漫画を紹介するよ!
まきえは小林秀雄って人知ってる?
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
名前だけは知ってるわ。
確か、作家さんだったわよね?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そうそう、批評家とか文芸評論家、編集者として有名な人だよ。
この漫画は彼と、彼が運命的な出会いを果たしたある詩人が主人公なんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]詩人って私も知ってる人?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]それは追々ネタバレしていくとして、早速本編を紹介していくね![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]物語の舞台は大正14年の東京、主人公の小林は自らが共に作品を作っている作家仲間と共に、同人誌山繭第三号の発行を祝して花見へやって来た。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]ちなみにこれは事実を基にしてフィクションを織り込んだ作品だから、山繭も実際存在するよ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
へぇー、そうなんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]作家達がお互いの作品を褒め合う中、小林だけは自分の作品の未熟さを理解し、黙っている。
酒の席に浮かれることなく、文学の存在価値について意見を述べるだけだった。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]余りテンションの高い人ではないようね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そこで、今後彼の人生を大きく変えるある青年との出会いを果たす。
その青年の名前は「中原中也」、未成年にして天才詩人だよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
その人の名前知ってるわ!
凄く有名な詩人じゃない![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]小林秀雄と中原中也は切っても切れない関係にある。
この漫画はその二人の人生を基にした物語なんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]詩人と作家の関係…気になるわ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]花見に突如として現れた中原は、山繭というぬるい関係の中で満足している作家達を見下ろし、更に、神経を病んで孤独に書いてきた小林の作品を批判する。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/cd752e20919f0a7a2871e55d12187b70.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]それに怒った作家達と中原は喧嘩となり、中原が失神する形でその喧嘩はお開きとなっちゃった。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]急に現れた未成年に批判されたら作家の立場がなくなるものね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]だけどね、中原の批判は的を得ていたんだ。
そしてそんな中原に興味を持った小林は、伸びている中原を引き取って家路につく。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]小林さんってメチャクチャいい人ね…
自分を批判する人を家に連れて帰るなんて…[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]二人はここから奇妙な絆が生まれ、中原が早死するまで二人は生涯の友人として、恋のライバルとして対立するようになるよ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]絆と恋で結ばれてるのね…って、恋のライバルって何?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そう!
この漫画最大の見どころは二人の「恋」!
中原と小林は、一人の女性長谷川泰子を巡って三角関係に陥ってしまいます!
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2.png” name=”マキエ” type=”r”]この漫画って二人の恋物語だったのー?![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]有名な三角関係を切り取り描いたのがこの漫画「最果てにサーカス」だよ!
文学界を背負って立つ二人がたった一人の女性に恋い焦がれる、切なく狂おしい物語、気になった人はレッツチェーック!
[/voice]


サイト内で「最果てにサーカス」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『最果てにサーカス』を読んでみる


コメント

タイトルとURLをコピーしました