悪童文庫のあらすじと感想!天才小説家を描いたサスペンス!是非とも試し読みを!

サスペンス・ミステリー

[[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]どうも、ぐっさんです。

今日は「田中基」先生の「悪童文庫」というマンガを紹介するよ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪[/voice]


サイト内で「悪童文庫」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『悪童文庫』を読んでみる


あらすじ

小説界に音もなく現れ世間から注目を浴び、人知れず姿を眩ました謎の天才猟奇小説家鳥羽山真理(とばやましんり)。

彼が追い求めるものは、人間の皮の向こう側にある欲望や愛憎と言った人間的な感情たち。

彼の作品に惚れ込み彼のもと足繁く通う編集者の秋里は、次回作を書かない鳥羽山を叱咤激励している。

しかし彼が書く小説はノンフィクション、その為に秋里は危険な目に遭う事もしばしばで……。

ネタバレと感想

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]今回紹介する漫画は「悪童文庫」!
小説界に激震を走らせ霧のように消えていった謎の小説家鳥羽山真理が主人公の物語です!
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]なるほど、小説家が主人公なのね。
文学作品チックな話になる予感がするわ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]セリフの言い回しとか情景なんかに注目すると、確かに文学作品っぽいかもね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/598b181f87cfd68f825b0b4b0b1c9d5d.png” name=”マキエ” type=”r”]めちゃくちゃおもしろそう![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]じゃあ早速紹介しよう![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]主人公はさっきも言ったけど、天才小説家の鳥羽山真理。
趣味で描いていた猟奇小説が世に知られるや否や、初版にして絶版になるほど爆発的人気を獲得した文字通りの天才だよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]その一冊だけで天才小説家として有名になったの?
それはとんでもない才能ね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そうだね、だけど彼はその小説一本を出したっきり表舞台から忽然と姿を消したんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
どうしてそのまま小説家にならなかったの?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]小説は趣味で書いていたものだし、何の材料もなしには作れないって事で、それ以降作品は書いていないんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]だけどそんな彼に小説を書かせようと毎日彼の家の古本屋を訪れる編集者がいるんだ。
名前は秋里、彼の小説のファンなんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]鳥羽山の家って古本屋なのね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/cd752e20919f0a7a2871e55d12187b70.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]かなり汚い古本屋けどね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]……それ商売としてよくないんじゃない?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]毎日足繁く通う秋里にウンザリしながら、それでも鳥羽山は作品を書かない。
そんな時ある事件が起こるんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]ある事件?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]秋里が受け持っているもう一人の猟奇小説家の高村が、秋里を誘拐する事件が起こるんだよ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2.png” name=”マキエ” type=”r”]え、どういう事?![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]鳥羽山の才能に嫉妬した高村が二度と鳥羽山を小説界に復帰させないよう、秋里を殺して鳥羽山に罪を擦り付けようとしてるんだ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2.png” name=”マキエ” type=”r”]秋里ちゃんはとばっちりじゃない!!
鳥羽山も何も悪くないのに…[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]ビルの屋上で対峙した鳥羽山と高村。
そしてここからが鳥羽山の真骨頂を見せる時なんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]なんか、吹き出しが原稿用紙みたいになってる…[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]彼の口語りが始まったんだよ。
鳥羽山はこの窮地に臆する事なく現状を文字に起こしているんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]こんな状況下で、凄い…しかも言い回しが凄く綺麗……[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]しまいには彼の言葉に恐れをなした高村が殺意を喪失し、自滅する。
その後秋里は結局警察には届け出ず、今まで通りの生活に戻ったんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]言葉だけで他人を恐怖で支配するなんて…
とんでもない才能ね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]この漫画を読む時は彼の紡ぐ「言葉」に注目して読んでね!
天才猟奇小説家鳥羽山真理の言葉の美しさに惹かれたって人は漫画「悪童文庫」をレッツチェーック!
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]悪童文庫っていいタイトルよね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]僕はタイトルを聞いてあれを思い出したな。
「学級文庫」って言葉を口を閉じずに言うアレ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]なにそれ?
がっきゅううん—……最低…。[/voice]


サイト内で「悪童文庫」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『悪童文庫』を読んでみる


コメント

タイトルとURLをコピーしました