猫瞽女(ネコゴゼ)のネタバレと感想!猫耳だけど萌えじゃない!?

ぐっさん
どうも、ぐっさんです。

今日は「宇河弘樹」先生の「猫瞽女」というマンガを紹介するよ!

マキエ
ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪

サイト内で「猫瞽女」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『猫瞽女』を読んでみる


猫瞽女のあらすじ

旅をしながら座敷や門前で三味線を弾き、収入を得る盲目の組織瞽女。

組織に属さず瞽女として放浪する夜梅と寺小姓の鶯は、各地を回りながら三味線と笛を披露して回っていた。

しかし彼女らには裏の顔がある。

二人はある人物に復讐する為、各地を転々と回っているのだ。

盲目と幼き猫二人、全国を行脚放浪し、目的の人物と出会えるのだろうか。

猫瞽女のネタバレと感想

ぐっさん
今回紹介する漫画は「猫瞽女」!
設定がちょっと難しいです!
でも奥が深くてバトル好きの人必見の漫画だよ!
マキエ
瞽女って聞いたことあるわ。
盲目の人が三味線を弾いて収入を得る仕事の事よね?
ぐっさん
まきえ意外に博識だね。
マキエ
…意外って何よ……
ぐっさん
まぁそれは置いといて、内容を紹介していくよ!
主人公は瞽女をしながら全国を行脚している夜梅、そして夜梅と共に旅をする寺小姓の鶯だよ。

マキエ
なんか猫耳生えてない??
ぐっさん
そう、人間とは少し違う世界に生きている猫人間達の物語だよ。
マキエ
世界観の設定は江戸時代くらいかしら?
ぐっさん
そうだね、刀・着物・遊女・喋り方みたいなキーワードからして江戸時代を連想させる物語だよ。
この二人がある宿にお邪魔するところから話が始まるんだ。
マキエ
なるほど。
ぐっさん
宿の主人は最近「執行人」が町に現れて一人殺されているので、厄払いで歌を歌ってくれないかと頼む。
マキエ
執行人?
ぐっさん
世界革命を唱える集団で、共産主義に傾倒して自主的に罪人や悪人を裁判にかけ、殺していく組織が存在するんだ。
マキエ
危なっかしい世の中なのね。
ぐっさん
実は夜梅と鶯はこの組織を追って全国行脚してるんだ。
マキエ
どう言う事?
ぐっさん
それは漫画を読んでのお楽しみ。
歌を聞き終えた宿の主人は二人に感心し、明日の客人の相手をするように頼むんだ。
なんでもその客が傍若無人な態度だから夜の宴会の相手がいないってもんで、ちょうど現れた二人に任せようとしたんだよ。

マキエ
余程素行の悪い人なのね。
ぐっさん
人身売買何かを平気でするような奴なんだ。
マキエ
そりゃ誰も相手したくないわね。
ぐっさん
頼まれた日の夜になり、舞妓と共に台へと上がる二人、目の前には悪名高い上客が酒を啜っている

ぐっさん
そして踊りを終え挨拶を交わしたとき、何と上客が舞妓を押し倒して襲おうと始めるんだ!
マキエ
なんなのこの男!!
最低の男じゃない!!
ぐっさん
しかし舞妓が笑ったかと思えば、舞妓の着ていた帯が暴れだし、上客に巻き付いて拘束する!
舞妓はなんと執行人で、罪を犯しても猶反省の無いこの男を裁くために、舞妓を装って近づいたんだ!

マキエ
この人執行人だったんだ!
でもこの男、殺されても文句は言えないわよね。
ぐっさん
男が殺されようとしている時、男の視界に夜梅の姿が入ってくる。
そして夜梅は金を積めば助けてやると答えるんだ。
マキエ
こんな男庇わなくてもいいのに…
それで夜梅はこの男を助けるってわけ?
ぐっさん
ここからは自分の目で見て確認してね!
猫と江戸・そして革命と言う斬新な要素を盛り込んだアクションストーリー「猫瞽女」気になった人はレッツチェーック!
マキエ
萌え系漫画かと思ったのに全然違ったわ。
ぐっさん
猫耳だけで判断してるよね?それ…

サイト内で「猫瞽女」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『猫瞽女』を読んでみる


マンガを無料で読みたいなら・・・

マキエ
最近漫画を買いすぎて金欠気味だわ……。
ぐっさん
そんなマキエにビックニュース!
漫画を無料で読める方法を見つけてきたよ!
ぐっさん
その名も「U-NEXT」!
マキエ
え、U-NEXTって映画やアニメやドラマのサイトじゃないの?
ぐっさん
ボクもそう思ってたんだけど、実はU-NEXTは漫画だって読めるんだ。

u-next

ぐっさん
しかも、取り扱ってる動画は10万本以上!気に入った漫画がアニメ化されてたらそれも一緒に見れるという一石二鳥!
ぐっさん
その上、新規登録から31日間は無料!
31日以内に登録解除したら実質0円で漫画もアニメもドラマも見放題ってわけさ!
マキエ
へぇー。知らなかった。中々いいじゃない。
ぐっさん
そして今なら特典で600円分のポイントが付き!
ぐっさん
このポイントを使えば無料期間中に漫画の最新刊や最新映画・アニメまで読んだり観たりすることも出来る!
ぐっさん
ぜひ、一回試しにに使ってみてね!

u-next