響~小説家になる方法~のあらすじとネタバレ!かなり面白いヒューマンドラマ!是非試し読みを!

ヒューマンドラマ

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]どうも、ぐっさんです。

今日は「柳本光晴」先生の「響~小説家になる方法~」というマンガを紹介するよ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪[/voice]


サイト内で「響~小説家になる方法~」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『響~小説家になる方法~』を読んでみる


響~小説家になる方法~のあらすじ

プロフィールは名前だけ、応募方法を無視して直筆で作品を応募した謎の小説家鮎喰響(あくいひびき)。

彼女の正体は女子高生。

凛として芯の強い彼女の行動は、時として周りの人間からは理解されない事もある。

しかし他人からの視線を意に介さず、彼女は自分の信じる道を行き続ける。

世界から脚光を浴びる作家と言うものは、やはり人から理解されない人格なのか。

響~小説家になる方法~のネタバレと感想

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]今回紹介する漫画は「響~小説家になる方法~」だよ。
途轍もない小説家の才能を秘めた女子高校生が主人公の物語なんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]小説かー、結構読んでるけど作家の事についてはあまり考えたことは無かったわ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]この作品は小説を書く難しさだったり小説家の性格だったり…普段表には出ないような水面下での奮闘を描いてるって言うイメージかな。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]小説一本仕上げるだけでも相当の時間が掛かるものね。
見えないところで沢山の戦いがあるに違いないわ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]主人公は女子高生の鮎喰響(あくいひびき)、彼女は名前のみのプロフィールで、しかも応募規格に反する直筆を用いて小説の新人賞に応募するんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]鮎喰って変わった名前ね。
それに応募規格を無視して応募するなんて…ただ者じゃないわ…[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]まぁそれは応募条件を読んでないのが理由なんだけどね。
規格に反している時点で選考外だったんだけど、編集部で働く花井がその才能に驚き、何とか上司にお願いして選考に入れてもらえるようになったんだ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
よかったじゃない。
でも響に連絡をつけられないのよね?
大丈夫なの?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]それは漫画を読んでのお楽しみ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]問題になっていた響はそんなことはつゆ知らず、進学先の高校で不良と騒動を起こして喧嘩になったり、屋上から落ちそうになったりとちょっと問題のある子なんだ。[/voice]


[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]小説家って変わり者のイメージだけど、そのイメージにピッタリね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]まぁ曲げられない信念があるからこその行動なんだけどね。
響はいつも一緒にいる涼太郎と一緒に文芸部へ入部するんだ。
そこで、部長でギャルのリカと知り合いになる。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]ギャルなのに文芸部でしかも部長なの…?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そう、だけど小説を読んだり書いたりするのが好きで、響と感性も合う。
2つの本棚を面白い小説とつまらない小説に分けて保管して、響と言い争いになったこともあるよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]人は見かけによらないのね…[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]リカの提案で文芸部として部誌をつくる事になった響は、体育後の疲労感からインスパイアされた踊り子の話を小説にしたためる。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]凄い発想力ね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]リカは少年と少女が竜の卵を孵化させる物語を書いてお互い読み比べをしたんだ。
だけど響の才能が圧倒的過ぎてリカは呆然とする。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]そりゃ規格外でも編集部にOKを貰える程なんだものね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]響の才能は太宰治のような永久的に語られる作家に匹敵すると言われているんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]自分の中に信念があるからこそ成せる事よねー、私たちには真似できないわ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]果たして響は次世代のモンスターとなる事ができるのか?!
そしてプロフィールのない小説の運命はどうなってしまうのか?!
怪物級の作家の誕生をこの目で見たいと言う人は漫画「響~小説家になる方法~」をレッツチェーック!
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]小説家って凄いよね。
一作仕上げるのにどれぐらい時間かかってるのかな…
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]少なくとも私が書く同人誌よりかははるかに上ね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]流石にね…[/voice]


サイト内で「響~小説家になる方法~」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『響~小説家になる方法~』を読んでみる


コメント

タイトルとURLをコピーしました