事故物件のススメ。のあらすじとネタバレ!世界初の事故物件不動産屋漫画!?

ぐっさん
どうも、ぐっさんです。

今日は「びばる」先生の「事故物件のススメ。」というマンガを紹介するよ!

マキエ
ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪

サイト内で「事故物件のススメ。」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『事故物件のススメ。』を読んでみる


事故物件のススメ。のあらすじ

就活生の主人公古谷恭子は面接に落ちてばかり。

そんな中、やっと決まった就職先はホワイト不動産。

社員は、家というものを愛するヤクザ社長と、お気楽でチャラ男の若者二人だけ。

とても変わった仕事仲間をもった恭子が不動産屋として扱う物件は事故物件。

さまざまな理由で死んでいった前の住人。

それでも一件、一件、丁寧に売りさばく!!

こんな会社で、恭子はやっていけるのか……

事故物件のススメ。のネタバレと感想

ぐっさん
今日は「事故物件のススメ。」を紹介するね。
マキエ
事故物件って、前の住人が部屋で死んだ物件ってやつよね。
ぐっさん
そうそう。
だから、家賃がすごく安かったり、一軒家でも、格安で売りに出されてたりするんだよね。
今の時代だと、年配の方が一人で住んでる家も多いから、必然的にそういう家多くなってるんだ。
ぐっさん
じゃあ内容を紹介するよ。
今回の主人公は古谷恭子。やっと決まった就職先が不動産屋っていう女性。

マキエ
不動産屋に就職って中々いないわよね。
ぐっさん
今まで全く受からなかった就職面接だったのに、この会社は即採用された。
少し疑問になりながらの最初の仕事が、事故物件の清掃。

マキエ
あらら。それは難儀な仕事内容ね。
ぐっさん
恭子の会社は事故物件を専門に扱う会社だったんだよね。
マキエ
あー間違えたわね、道。
ぐっさん
それでも、やっと決まった会社だから、頑張って仕事に励むわけなんだよ。
マキエ
そんな仕事で一緒に仕事する仲間っているのかしら。雇われてるんだから、社長はいるわよね?
ぐっさん
社長は家が大好きヤクザの白家。
物件が売れ残っていたり、借りてもらえないことが家にとって可哀相だろう!!という独自の思考の持ち主。

マキエ
正論なんだけど、なんていっても事故物件だからねー
ぐっさん
そんな社長の元で働くのは恭子以外にもう一人いてね。名前はゆう。
ゆうはお気楽で見た目は凄くチャラい青年だよ。

マキエ
そんな社長についてくだけあって、適当さが出ているわね。
ぐっさん
でも、仕事はいたって真面目にこなしてるよ?自分も事故物件作った一人だからね。
マキエ
え?どういうこと?
ぐっさん
ゆうくんって幽霊なんだよね。
マキエ
えぇ!社員も普通じゃなかったわ。
ぐっさん
恭子は霊感が強くて、面接の段階から一般の人には見えないゆうくんが見えてた。
それが、採用された理由だったんだよ。
マキエ
だから、即採用。だったのか。
ぐっさん
事故物件をあたっていくと、皆さまざまな死に方をしていてね。
その亡くなった人の思いが家に残っているんだよね。
そんな思いに恭子とゆうくんが寄り添って、不動産屋として、その家を次の人に受け渡していくんだ。
ぐっさん
恭子が就職した会社は事故物件専門の不動産屋。
変な社長と幽霊の社員と一緒に今日も物件をさばくために、家に残る死者の思いに寄り添う。「事故物件のススメ。」早速レッツチェーック!!
マキエ
死ねる場所を選ぶとしたらぐっさんはどこを選ぶ?
ぐっさん
やっぱり家かなー。
一番落ち着くじゃん、マキエは?
マキエ
そうねー最後は幸せな気持ちでいたいから、居酒屋?
ぐっさん
それは迷惑です。

サイト内で「事故物件のススメ。」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『事故物件のススメ。』を読んでみる


マンガを無料で読みたいなら・・・

マキエ
最近漫画を買いすぎて金欠気味だわ……。
ぐっさん
そんなマキエにビックニュース!
漫画を無料で読める方法を見つけてきたよ!
ぐっさん
その名も「U-NEXT」!
マキエ
え、U-NEXTって映画やアニメやドラマのサイトじゃないの?
ぐっさん
ボクもそう思ってたんだけど、実はU-NEXTは漫画だって読めるんだ。

u-next

ぐっさん
しかも、取り扱ってる動画は10万本以上!気に入った漫画がアニメ化されてたらそれも一緒に見れるという一石二鳥!
ぐっさん
その上、新規登録から31日間は無料!
31日以内に登録解除したら実質0円で漫画もアニメもドラマも見放題ってわけさ!
マキエ
へぇー。知らなかった。中々いいじゃない。
ぐっさん
そして今なら特典で600円分のポイントが付き!
ぐっさん
このポイントを使えば無料期間中に漫画の最新刊や最新映画・アニメまで読んだり観たりすることも出来る!
ぐっさん
ぜひ、一回試しにに使ってみてね!

u-next