憑石のあらすじと感想!単行本発売までしたのに打ち切りかも……。

ホラー

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]どうも、ぐっさんです。

今日は「源一実」先生の「憑石」というマンガを紹介するよ![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]ネタバレもあるから、先に試し読みするのをお勧めします♪[/voice]


サイト内で「憑石」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『憑石』を読んでみる


あらすじ

小さい頃から時々同じ夢を見続けている杉咲朱梨。

朱莉を悩ませるその夢は、石がしゃべるというもの。

単なる夢だった筈が、とあるカフェに立ち寄った事で今までの夢が現実となる。

不吉な石は朱莉をどんどん苦しめていき――…?!

ネタバレと感想

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]今回は「憑石」を紹介するね。変わった石の話だよ[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
主人公は石が好きなの?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]いやいや。その逆。どちらかというと石に好かれちゃったほうかな。
なんと石に取り憑かれてしまうんだよ
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2.png” name=”マキエ” type=”r”]石、何者!!?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]主人公は、杉咲朱梨。新社会人の一人。何処にでもいそうな女性。だけど、小さい時から時々変な夢を見ていたんだ。
石が出てきて、朱梨に向かってしゃべるって言う夢だよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]石が?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]「教えてあげる 朱梨ちゃん」って話しかけられたところでいつも目覚める[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/df431f50074a8184f6c1253c3daf80b2.png” name=”マキエ” type=”r”]怖っ!![/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]石に目があって、ちょっとホラーだよ
そんなある日、時々見かけていたイケメン「太郎」の後を追ってカフェに朱梨は入ったんだ
そこで、なんとなく席に着くと、石が置いてある
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]なんで、カフェに石?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]変でしょ?そこが不吉なんだ
店員も他の席を勧めるんだけど、朱梨はそこに決める
朱梨はその席のまま、食事を済ませて帰ろうとすると、何故か手には机の上の石が…
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]きたー[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/022eec776f361c58416283b158b26a71.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]捨てても捨てても石は憑いてくる[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そんな石の正体は、紅緋。朱梨達の前での姿は、髪を高く一つにくくった和服美人系。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
幽霊?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]そうだね。
あまり表情ははっきりしないんだけど、口元から何を感じているのかは読み取ることが出来るよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]なんで、幽霊になっちゃったの?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]ある石をずっと探しているらしいんだ。
紅緋は朱梨にある石を探し出して欲しいと頼むんだよ。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]石を探すって、、、途方も無い[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]石の中には霊が憑いているものもあってね。そういう石の中の一つらしい。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/535693b32b36fb0813c3b0b96febb736.png” name=”マキエ” type=”r”]石に霊!!?お地蔵さん的な?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]お地蔵さんみたいにいい霊ならいいけどね。悪霊もいるんだ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
なんで、石に憑いてるの?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]どうやら石に関係してことで無念の死を迎えた人達が石に取り憑いているみたいだよ
紅緋は石に憑く霊達を自分に取り込んで、霊を成仏させる。
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]石に憑く霊達の中に大事なひとがいるのかな?[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]何故探しているのかはまだ謎なんだ[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png” name=”マキエ” type=”r”]
朱梨一人じゃ、石の数も多くて大変ね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]大丈夫だよ。
最初に追いかけたイケメン、太郎も霊感が強くて協力してくれているし、太郎の友達もいるから、なんとかやっていけてるみたい!
[/voice]
[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/c9c71cacb8e679fdb67b888ac868a93f.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]果たして杉咲は紅緋から解放される日はくるのか!!?
憑石」早速レッツチェーック!
[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/598b181f87cfd68f825b0b4b0b1c9d5d.png” name=”マキエ” type=”r”]ダイアやルビーがどこまでも憑いてきてくれるなら大歓迎なのにね。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/2016/09/17bc7a64bf873e65ffd4e6c977a74789.png” name=”ぐっさん” type=”l simple”]マキエはガラスで十分やろ。[/voice]

[voice icon=”http://netabare-manga-paradise.net/wp-content/uploads/564b6fd27c684275affd4acb4e3ecaac.png” name=”マキエ” type=”r”]……[/voice]


サイト内で「憑石」と検索♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『憑石』を読んでみる


コメント

タイトルとURLをコピーしました